インテリアブログ

2015年01月15日 逸品のラグを手に入れるための方法

みなさんが思い描くインテリアのアクセントってなんでしょうか?普通はクッションカバーだったり、観賞用の植物だったりしますね。私の場合は、主にラグやカーペットといった床の敷き物です。理由は簡単で1枚敷きだけで、インテリアの雰囲気がガラッと変わります。手軽だし、低予算で済んでしまいます。

ラグと言ってもさまざまで、絨毯やカーペット、マットなどたくさんの呼び名で称されています。ラグは一般的に3畳未満で、それ以上から6畳未満をカーペットや絨毯と定義し、マットは1畳以下の物を指します。玄関マットやキッチンマットと言った小さなものですね。また、パイル(毛足)もいろいろで特に毛足の長いもの、20mm以上をシャギー、カットパイルやループパイルなどもあります。ラグのほとんどはカットパイルです。

いままでたくさんの家具や雑貨を扱うインテリアショップのショールームを拝見してきてもやはり、そのフロアには1枚のラグをアクセントに使用していて、コーディネイトにもよりますが、アイボリーやブラウン系が多く、ナチュラルな空間にはグリーンなどもよくなじみ、人気のカラー定番です。もちろん、インテリアのアクセントだけではなて、床が硬いフローリングに敷いてゴロゴロと寝転がってくつろぎタイムにも最適。

今時のラグは、性能も向上しており、家庭用の洗濯機でも水洗いしても極端に縮んだりする事もなく、常にライフスタイルを清潔&おしゃれに保ってくれます。おすすめはやはり20mm前後のシャギータイプで、200cm×200cm程度の大きさをチョイスして、ローボードやガラステーブルの下などに敷いてみるのもGOOD!値段は極端に安いものではなく、最低でも1万円以上の物を購入するようにしましょう

あまりに安いラグですと、パイルがすぐにへたり、逆にインテリアを貧相にしてしまいます。防ダニ、抗菌、ウォッシャブル、防炎などの機能性は必須で、これらの機能性をラグに満たすのは1万円以下ではあまり見かけません。

ラグ1枚でインテリアの空気を変えてくれて、足物とも柔らかく、万が一転倒しても衝撃を緩和してくれるそんな素敵なインテリアグッズは数少ないです。ただ、メリットだけではありません。ラグのお掃除やメンテナンスも重要な要素で、

毛足の長いシャギーラグだと、電気掃除機では毛の奥のゴミを吸引しきれないことも。メンテナンスも必要で、2週間に1度は外で日干しすることも大事です。せっかくのパイルがへたりってしまっては、台無しになります。ホームセンターやインテリアショップ、家具などを取り扱うショップでもラグを購入することができます。忙しくて買い物に行けない方は、ネットショップでお買い物をする事が多いでしょう。通販でラグを買うのは、ある程度の慣れと勇気も必要です。

しかしどこのショップでもよいわけではありません。ある程度知名度のある専門店や実店舗やショールームを備えているお店がベスト。たくさんのラグショップもありますが、1店舗ご紹介します。ラグの商品数も豊富で、機能性やスタイル別にカテゴリー分けされているのでお目当てのラグを見つけやすいお店です。サポートも付いており、商品によっては、うれしい特典も。人気のラグ専門ショップで、ユニークで個性的なあなただけのラグを見つけて下さい。

日時: 2015年01月15日

 <  リビングをリフォームしたよ。  | 


受付時間:10時00分~18時00分(※メールでの返信は平日のみとなります。)「メールフォーム」でのお問い合わせ。お電話でもご購入・ご相談ができます。

セール商品のご案内

記事一覧 - カーペット.com